ジャガーキャットフード

プレミアムキャットフード ジャガー(総合栄養食)

キャットフード安全ランキング4位

安心安全なキャットフード

ジャガーキャットフードの公式サイトはこちら

キャットフード,ジャガー,口コミ

https://www.jaguarcatfood.jp/

 

ジャガーキャットフードは、【いつも隣にある贅沢】をキーワードに、健康と美味しさを求めた無添加のイギリス最高級のグレインフリー(穀物不使用)キャットフードです。

 

動物性タンパク質が、なんと80%以上の高タンパクキャットフードです。

 

ジャガーキャットフードの香りは、人工の香料は一切使用しておらず、素材のチキンやサーモンの強い香りがします。

 

アンチエイジングや抗アレルギー効果があるといわれているマルベリーや、猫のかかりやすい病気である尿路結石を予防する効果が期待できるクランベリーなどが配合されており、健康への配慮もばっちりです。

価格 容量 評価
特別優待価格【10%OFF】 1個:3,852円(税抜) ジャガー キャットフード(1.5kg) キャットフード,ジャガー,口コミ

 

 

ジャガーキャットフードと粗悪キャットフードを比較!!


”手に届く贅沢”がジャガーキャットフードのテーマという事ですが、ジャガーキャットフードがいかに贅沢で良品質なのかを粗悪キャットフードの中身と比べてみました!!

 

ぜひ参考にして、今現在のご自宅にあるキャットフードが安全か確認してくださいね。

 

ジャガーはヒューマングレード!!


ヒューマングレードとは、人間が食べる事が出来る鮮度基準の事です。

 

ジャガーキャットフードは食材の鮮度だけではなく、食材自体にもこだわって作られています。

 

更に専任の品質管理官が品質をチェックしているという高品質なキャットフードなんです。

 

粗悪キャットフードの場合…

 

牛豚鶏の肉でも破片のようなくず肉だけ、更に内臓や骨まで使っている物も多くあります。

 

当然人間は食べることが出来ない物ばかりです。

 

飼い猫にそんな物を知らずに食べさせていると思うと怖いですね…。

 

ジャガーは安心のグレインフリー!!


グレインフリーは穀物不使用という事です。
大昔は猫と言えば猫まんま…魚を混ぜた白米なんかを与えてたようです。

 

でも猫の身体は穀物を消化するのがとても苦手なんです。

 

長期間にわたり猫に穀物を食べさせていると消化不良やアレルギーを起こしやすくなります。

 

でもジャガーキャットフードは、グレインフリーなので安心です。

 

粗悪キャットフードの場合…

 

穀物を消化するのがとても苦手な猫のフードなのにもかかわらず、ライス(米)・玄米・小麦・大豆・トウモロコシなどの穀物が入っている物が多くあります。

 

もしも今現在食べさせているキャットフードに穀物の記載がある場合は、出来るだけ早くキャットフードを変える事をお薦めします。

 

ジャガーは完全無添加!!


添加物が身体に良くないというのは人間も猫も一緒なので、ご存知の方が多いですよね。
完全無添加というのはとても安心出来ます。

 

粗悪キャットフード場合…

 

人工保存剤・着色料・酸化防止剤・香料等が入っている物が多くあります。

 

特に人工香料はニオイで猫の食いつきを良くする為に多く入っている場合が多いです。

 

猫の食いつきが良いと飼い主的には、この子はこのフードが好きなんだと思ってしまうので…

 

どうしても飼い猫に良くない物を与えている事に気が付きにくいんですよね…。

 

ジャガーは健康食材を配合!!


ジャガーキャットフードには、アンチエイジング効果の高いマルベリーや漢方としてして知られる朝鮮人参を配合してあるので、高齢になった猫のフードにも最適です。

 

人間同様猫も高齢になると若い頃の無理がたたってあちこち痛くなりますからね…。

 

ジャガーキャットフードの公式サイトはこちら

キャットフード,ジャガー,口コミ

https://www.jaguarcatfood.jp/

 

 

ジャガーは動物性タンパク質80%以上!!


猫は肉食なので、良質なタンパク質が絶対的に必要です。

 

ジャガーキャットフードはチキン・鴨・サーモン・マスをたっぷり80%も使っているんです。

 

しかも当然ヒューマングレードです。

 

粗悪キャットフード場合…

 

高タンパク質が入っていると思わせる大豆を使っている事が多くあります。
大豆の中身自体はもちろん良質の高タンパク質です。

 

ですが粗悪キャットフードの場合は、大豆の皮も一緒に入っている物がほとんどです。
大豆の皮は猫が消化する事の出来ない食物繊維が多く含まれています。

 

ハッキリ言って猫の身体には負担でしかありません。

 

ジャガーは血糖値にも配慮!!


ジャガーキャットフードは、猫の落ち着きがない・イライラしているなどの原因は食後の血糖値の上昇が要因のひとつだという事に着目!!

 

そこで血糖値の上昇の要因になるスターチ(でんぷん)の含有量を抑えました。

 

その後の実験で猫の血糖値が食後もほとんど変わらず、リラックス出来ていたという結果が出たそうです。

 

そこまで猫の研究をし尽して作っているという安心感は絶大と言えますね。

 

ジャガーキャットフードは突然の運動会が多い猫には特に試してみる価値がありそうです!!

 

ちなみにジャガーキャットフードは子猫からシニアまで食べさせられる事が出来るので、月齢も考えずに安定して与えることが出来るのも助かります。

 

ジャガーのもうひとつのこだわり!!


ジャガーの工場での作業工程にもこだわりがあるのでご紹介します。

 

ジャガーキャットフードはペットフード先進国イギリスの工場で作られています。

 

工場での作業工程は、まず原材料の品質検査が行われます。

 

次に粉砕し、こだわり抜かれたレシピに基づきブレンドします。

 

その後、加熱成形して作られた製品はすぐに検査され合格した物だけパッケージされます。

 

この時、作られた製品からサンプルを採取して出荷後も12か月間保管。

 

万が一何か不備があった時にすぐ対処出来るように製品を保管しておくという危機管理が、製品に対する自信の表われであり、ジャガーキャットフードのもうひとつのこだわりだと感じました。

 

粗悪なキャットフードとの比較をしましたが、安価=粗悪という事ではないので、飼い主ご自身が大切な飼い猫のフードの原材料表示をきちんと確認して把握しておく事をお薦めします。

 

実際にジャガーキャットフードを購入してレビューしてみました

 


袋はこんな感じです。

 

横のぬいぐるみは大きさの比較です。

 


裏はこんな感じです。

 


裏面は成分などが書いてます。

 


猫ちゃんがおいしそうに食べています。

 


色の濃いドーナツ型のフード。

 


大きさは一センチ程、厚さは三、4ミリ程度。

 

肉系の香ばしいいい匂いがします。

 

ドーナツ型だからか、厚みはあるがシンプリー程固くない印象でした。

 

以上、ジャガーキャットフードと粗悪キャットフードを比較でした。

 

いかがでしたか?
ジャガーキャットフードがどれほど良質で安全なキャットフードか伝わったでしょうか?

 

今までキャットフードを安価で購入していた方にとってジャガーキャットフードは高価に感じるでしょう。

 

ですが、粗悪な物が飼い猫の身体に蓄積されて行く可能性を考えると”手に届く贅沢”は価格だけの価値はあるのではないでしょうか。

 

 

 

 

【キャットフード安全ランキング】TOPページはこちら
キャットフード安全ランキングはこちら