1〜7歳(成猫)の猫にお勧めのキャットフード

成猫(1〜7歳)におすすめのフードと食事方法とは?
成猫期は運動量も多く新陳代謝も良いので、基本的には高タンパク低脂肪の食事で問題ありません。

 

ただし気を付けないといけないのは、去勢・避妊後の飼い猫と完全室内飼いの飼い猫のフードです。

 

一体何に気を付けなければいけないのか、食事方法はどうしたら良いのかなどについてお話します。

 

成猫用フードでも栄養価が少ないものがある!?

成猫用フードの中にも、実は栄養価が十分ではないものがある事を知っていますか?

 

一般的に猫の食事とされるものは ”総合栄養食” と表記されています。

 

それとは別に、おやつやスナックと明記されているものもあって総合栄養食に似たパッケージなので、間違えてしまいそうな気がします…。

 

総合栄養食とは違って、おやつやスナックは栄養価が低いので食事として与え続けると猫は栄養不足になってしまいます。

 

表示を良く見て総合栄養食と明記されているものを与えるようにしましょう。

 

ちなみにおやつやスナックを上手に与える事で飼い主とのコニュニケーションに使えて便利です。

 

ただしおやつやスナックを与えすぎると肥満になる可能性もあるので、安易に与えないようにしましょう。

 

成猫に与えておきたい栄養素

猫にはタンパク質が必要ですが、タンパク質の他にも与えておきたい栄養素がいくつかあります。

 

タウリン:成長・眼の健康・心臓の健康・肝臓の健康。
タウリンは絶対に必要な栄養素です。

 

猫がタウリン欠乏症になると眼の病気や心臓疾患を引き起こす事があります。
ちなみに猫の体内でタウリンを作る事は出来ません。

 

タウリンは総合栄養食と明記されているキャットフードには必ず入っています。

 

ですが、おやつ・スナックにタウリンは入っていません。

 

おやつ・スナックを食事として飼い猫に間違って与えている場合は、知らない間にタウリン欠乏症になっている可能性もあります。

 

飼い猫のご飯を手作りしている場合もタウリン欠乏症になる可能性が高くなります。

 

その場合はすぐにでもタウリンをサプリなどで補うようにしましょう。
※ちなみにタウリンは過剰に摂取しても尿と一緒に排出されるので心配いりません。

 

オメガ3

毛艶が良くなる・免疫力UP・動脈硬化・心筋梗塞・腎臓病の予防・中性脂肪を下げる

オメガ6

免疫力の向上・皮膚炎予防

 

オメガ3も6も、猫の身体で作ることは出来ないので、出来れば摂取させたい栄養素です。

 

運動量が多い成猫でも肥満に!?

成猫は運動量も新陳代謝も多いので高タンパク低脂肪の成猫用フードであれば与えても大丈夫ですが、去勢・避妊後の猫はホルモンバランスが乱れるためどうしても太りやすくなってしまいます。

 

完全室内飼いの猫の場合は運動しても範囲が決まってしまうのでどうしても太りやすくなります。

 

身体が小さな猫にとって肥満は万病のもとです。

 

飼い猫があまり動きたがらないタイプなら出来るだけ運動させる環境を飼い主が作る必要があります。

 

成猫(1〜7歳)の食事方法

 

基本的には成猫用フードのパッケージに記載されている通りです。

 

成猫の場合は一日に朝夕2回というのが一般的でしょう。

 

参考まで…成猫が一日に必要なカロリ―の計算方法は、「体重×80キロカロリー」です。

 

計算で出た数字が、あなたの飼い猫(成猫)が一日に必要なカロリーです。

 

本来、猫は食べ物を一度に大量に消化するという事が上手に出来ない身体なので、一度の食事で大量に食べると、消化不良を起こしたり嘔吐する場合があります。

 

だからこそ食事は数回に分けて与えるのが望ましいんです。

 

飼い猫が成猫で肥満気味の場合は、一日の摂取カロリーをキープした状態で食事の回数を増やす事で、血糖値の急激な上昇を抑えるようにしましょう。

 

猫は基本的にはあまり水分を取らない動物ですが、新鮮な水も絶対的に必要です。

 

飼い猫があまりにも水を飲まない場合は、水の入れ物にヒゲが当たるのを嫌がっている可能性もあります。
水の入れ物のサイズも大きくして様子を見てください。

 

中には溜めた水ではなく流れる水を好む猫もいるので、自動給水タイプに変えて様子を見てください。

 

多頭飼い・健康なら全ライフステージ対応フード

飼い猫が成猫で健康なら全ライフステージ対応フードを活用するのも有効ですね。

 

特に多頭飼いで全猫が健康であればこれほど楽なものはないでしょう。

 

ただし多頭飼いの中に持病のある猫がいる場合は別のフードを用意してあげてください。

 

飼い猫が食欲旺盛であまり運動をしないタイプであれば成猫用の肥満対策フードにしましょう。

 

健康な成猫には全ライフステージ対応フードでも大丈夫ですが、肥満には注意しましょう。

 

定期的な健康診断は重要!!

 

どの成猫用フードを与えるにしても定期的な健康診断は絶対に重要です。

 

いくら飼い猫が元気そうだからと言って的検診を欠かさないように気を付けましょう。

 

 

いかがでしたか?
以上、成猫(1〜7歳)におすすめのフードと食事方法でした。

 

総合栄養食とおやつ・スナックは全く違うもので、おやつスナックでは栄養不足になるという事が理解していただけたでしょうか?

 

成猫にはタウリンやオメガ3やオメガ6を摂取させる事が重要だという事もしっかりと覚えておいてくださいね。

 

飼い猫に健康な状態で長生きしてもらうためには、飼い猫に良い食事を与えて良く運動させる事…。

 

当たり前の事が大切という事ですね。

 

 

 

 

【キャットフード安全ランキング】TOPページはこちら