栄養のあるキャットフード見分け方

大切な猫には出来るだけ元気に長生きしてほしい。

 

飼い主としては出来るだけきちんと栄養が摂れるキャットフードを食べさせたいですよね。

 

でも猫にとって栄養がどういうものか知ってますか?

 

栄養のあるキャットフードの選び方についてお話します。

 

キャットフードの種類

キャットフードは総合栄養食、間食、療養食、栄養補助食という種類に分かれています。

 

総合栄養食

猫に必要な栄養素をバランスよく配合されたキャットフードです。

 

総合栄養食に水を食べさせて置けば猫の健康を維持する事が出来るように作られています。

 

猫にとっての主食です。

 

間食(おやつ、スナック)

お留守番させていた時のご褒美に食べさせたり、しつけする時にも使うことが出来ます。

 

あくまでも間食なので栄養素を重視して作られていません。

 

総合栄養食とは違い、間食だけを食べさせていると栄養が不足します。

 

 

療養食や栄養補助食

療養食や栄養補助食というのは、人間でいうと患者食のような物になります。

 

獣医師が病気を診断したのち獣医師の指示のもと食べさせる事が出来るキャットフードです。

 

その病気に合わせた配合をされたキャットフードなので、自己判断で猫に食べさせると逆に猫の健康を害する結果になりかねません。

 

※療養食や栄養補助食を猫に食べさせるには獣医師の指示が必要です。

 

 

猫に必要な栄養素

タンパク質(アミノ酸)

臓器や筋肉をはじめとした体を作るために必要な栄養素です。

 

アミノ酸の中でも体の中で作る事が出来ないアミノ酸を必須アミノ酸と言います。

 

必須アミノ酸の一種、タウリンが欠乏するとタウリン欠乏症という病気になる可能性が高くなります。

 

脂質

脂質は脂肪酸、コレステロール、中性脂肪で出来ています。

 

脂質は生命維持のため絶対的に必要なエネルギー源です。

 

ビタミン

ビタミンは水溶性と脂溶性があり、どちらも猫の健康維持に欠かせない栄養素です。

 

水溶性のビタミンは、多く摂取しても尿と一緒に体外へ排出されるため問題はありません。

 

脂溶性のビタミンは、尿と一緒に排出されず体内に蓄積されます。

 

その後、脂質に溶け肝臓などの臓器へ無駄な負担をかけ病気を誘発する可能性があります。

 

脂溶性のビタミンの摂取量には十分な注意が必要です。

 

ビタミンA(脂溶性ビタミン)

目や皮膚を保護する、免疫力を高めます。

 

脂溶性なので摂取量に注意が必要です。

 

ビタミンB,C(水溶性ビタミン)

糖質、脂質、タンパク質を分解するために必要な栄養素です。

 

水溶性なので過剰摂取しても問題はありません。

 

過剰に不足すると低血糖や口内炎、貧血などを引き起こします。

 

ビタミンE

猫は体内でビタミンEを作る事が出来ません。

 

血行促進、動脈硬化などに効果があります。

 

ミネラル(カルシウム・マグネシウム・リンなど)

カルシウムはリンと結合して、リン酸カルシウムになります。

 

リン酸カルシウムは骨や筋肉、歯の成長や強化をしています。

 

ちなみにカルシウムとリンの適正な割合は、カルシウム1に対してリン1です。

※総合栄養食フードは適正な割合で配合されています。

 

マグネシウムはカルシウムと結合して筋肉を強くする、骨や歯を作る働きをします。

 

マグネシウムが不足すると筋肉が弱くなります。

 

逆にマグネシウムを摂りすぎるとF.L.U.T.D(下部尿路疾患)を起こすリスクが高くなります。

 

尿結石の大半はマグネシウムの成分から出来ています。

※ 注意
ミネラルウォーターの硬水にはマグネシウムとカルシウムが多く含まれます。
そのためマグネシウムの過剰摂取になる可能性があります。

 

炭水化物

猫の体は炭水化物を消化する事がとても苦手な動物です。

 

基本的にはそれほど必要としませんが、全く無くて良いという事ではありません。

 

炭水化物は適度に必要という事です。

 

これらの栄養素が必要なのは人間も同じです。

 

但し猫の場合は、摂取する栄養の割合が人間とは違ってきます。

 

猫の場合はタンパク質の割合が多くなります。

 

猫にとって栄養のあるフードは、上記の必要な栄養分がバランスよく揃ったキャットフード…総合栄養食です。

 

パッケージに総合栄養食と表記のある物を食べさせましょう。

 

 

総合栄養食の原材料

猫にとって必要な栄養が揃っているキャットフードは総合栄養食ですが、原材料の質も大切なんです。

 

パッケージに総合栄養食と明記されていたとしても、原材料が良質でなけ意味がありません。

 

安価なキャットフードには人間が食べる事の出来ないような肉が使われている場合が多くあります。

 

他にも色々な添加物が多く入っていたり…。

 

猫に栄養のあるキャットフードを食べさせるには、人間が食ることが出来る原材料を使ったヒューマングレードがお薦めです。

 

更に、穀類の消化が苦手な猫のために穀類不使用のグレインフリーである事も重要です。

 

多少高価になりますが、本当に栄養があるキャットフードは原料にもこだわって余分なものは一切排除したキャットフードです。

 

普通にキャットフードを食べていても何故か痩せてしまう場合は、病気の可能性があります。

 

出来るだけ早く動物病院へ連れて行ってください。

 

まとめ

栄養のあるキャットフードの選び方でした。

 

いかがでしたか?

 

結果的には、総合栄養食でヒューマングレード、グレインフリーで無添加のキャットフードが、栄養のあるキャットフードです。

 

 

お勧めできる安全なキャットフードのランキングはこちら

関連ページ

ビートパルプの正体とは?
ビートパルプとは、てん菜の根部から糖分や汁を搾り取った後の繊維質の事を指します。 このビートパルプには危険がいっぱい?ビートパルプとは何かをご紹介します。
チキンミールの正体とは?
よく見かける原材料にチキンミール(フェザーミール)という原料がありますが、このチキンミールがどのようなものかをご存知でしょうか? チキンミールとは鶏肉、皮、骨を粉状にしたものです。 このチキンミールについての危険性をご紹介します。
新しいキャットフードに切り替えるときの注意点
現在のフードから新しいフードに切り替え方法をご紹介します。今まで食べていたキャットフードが生産国が変わり危険な食材が入ることってあるんですよね。そういったときにキャットフードの切り替えをおこなうのですが、食いつきの悪い猫ちゃんの場合は、なかなかスムーズにキャットフードの切り替えができないことがあります。 そういった猫ちゃんの為に新しいキャットフードに切り替えるときの注意点をご紹介します。
市販の安いキャットフードの危険性
巷にあふれるキャットフード。キャットフードも安い物から高いものまでたくさんあります。しかしなぜキャットフードが安いのかを知っていますか?なぜ高いのかを理解していますか?危険な添加物や安全なキャットフードの見分け方、市販の安いキャットフードの危険性をご紹介します。
猫を連れて引っ越しする時の注意点
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
プレミアムキャットフードって?どれがいいの?
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫の病気予防はフード選びが大事
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
キャットフードの正しい与え方
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
多頭飼いに必須 !!キャットフードのローテーション
キャットフードのローテーションって何?という方もいますよね。 猫だってフードの好き嫌いがあります。 多頭飼いの場合はこの子はこのフードは食べてこ子はあまり食べない…。 そんな悩みを解消するには複数のキャットフードをローテンションで食べさせる事が必須です!!