子猫の食事の与え方

キャットフード安全,ランキング
仔猫の生後から大きくなるまでの食事の与え方をご説明します。

 

生後〜3週間以内は仔猫用ミルクを与えましょう。

 

子猫を譲り受けた、また拾ってしまった場合、まず最初に突き当たるのが「餌に何を上げたら良いのか?」ではないでしょうか。

 

仔猫のミルクの飲ませ方は、仔猫用の哺乳瓶(またはスポイトなど)と粉ミルク缶が市販されていますので、それを与えて下さい。

 

間違ってもスーパーなどに売っている人間用の牛乳をそのまま与えないでください!

 

人間用の牛乳では、仔猫はお腹を下してしまい、最悪死んでしまう恐れがあります。

 

譲り受けるなどの場合は事前に餌や牛乳についての知識を得ていることもあるのでそれほど心配は無いでしょう。

 

ですが、思わず捨て猫や野良猫を拾ってしまった場合などは注意してください。

 

最近では既に仔猫に牛乳を上げるとお腹を壊してしまうと周知されているので、問題無いのですが緊急時猫用のミルクが無い場合などは困ってしまいます。

 

そういった場合には「牛乳にぬるい水などを加えて常温にした物」をあげてください。
極少量であれば問題ありません。

 

ですが、猫も人間同様牛乳でお腹を壊しやすい子とそうでない子がいるので、あげた後お腹を壊していないかの確認も念のためにしてあげて下さい。

 

あくまで緊急時の措置なので、継続的にあげる場合は仔猫用ミルクをあげてください。

 

仔猫用ミルクの与え方

 

人肌に温めたお湯を哺乳瓶に入れ、粉ミルクを加えて混ぜ合わせます。

 

仔猫に哺乳瓶を近づけて、優しく飲み口からミルクを飲ませます。

 

飲み終えたら、背中を軽くポンポンと叩いてゲップをさせてください。

 

1回のミルクの量ですが、生後14日目までの子猫は2〜3時間おきに、1日6〜7回、5〜15ccずつ与えましょう。

 

生後15日目以降までの子猫には欲しがるだけ与え、21日目が過ぎたらミルクの量を徐々に減らし、離乳食へ切り替えます。

 

生後3週間〜1ヶ月過ぎたら離乳食を与えましょう。

 

生後3週間〜1ヶ月くらいで仔猫に歯が生えてきます。

 

歯が生えてきたら仔猫用の離乳食が市販されていますので、そちらを食べさせましょう。

 

1日に3〜4回程度、成長期なので欲しがるだけあげても大丈夫です。

 

生後2か月を過ぎたくらいからはドライフードを少しづつ与えましょう。

 

2ヶ月過ぎたくらいから、ドライフード(俗にいうカリカリ)に替えていきます。

 

最初は、ドライフードを水やミルクでふやかして食べやすいようにしてあげましょう。

 

ウェットフードと混ぜると食いつきがよくなりますが、総合栄養食と書いてあるウェットフードを与えるようにして下さい。

 

総合栄養食と書いていないものは、ただのおやつで仔猫に必要な栄養分がほとんど入っていません。

 

肥満や病気の原因となりますので、ウェットフードを混ぜるときは、必ず総合栄養食と記載のあるものをあげて下さい。

 

1日に3〜4回、6g程度を与えて下さい。

 

 

お勧めできる安全なキャットフードのランキングはこちら

関連ページ

生まれたての子猫のお世話方法について
生まれたての子猫を拾ったり、もらい受けたときにまず最初にやらないといけないことは何か?生まれたての子猫に必要な食事や育て方をまとめてご紹介します。
仔猫(子猫)のトイレの方法
初めて飼う子猫のトイレのしつけって大変ですよね。子猫はかんたんなトレーニングで早くトイレを覚えてくれます。トイレトレーニング初心者でもできる!子猫のトイレの躾方法をご紹介します。
トイレの猫砂について
猫ちゃんにもトイレの好みがあります。硬い砂が好きな猫、香料が嫌いな猫、細かい粒が大好きな猫など、意外に奥深い猫砂知識についての紹介はこちら。
猫が水を飲まないときの対処方法
猫が全く水を飲まない時は心配になりますよね。 その時はこちらのページに記載されている方法を試してみましょう。