初めて飼った猫が水を飲まない理由

キャットフード安全,ランキング
基本的に猫はあまり水を飲む動物ではありませんので、初めて猫を飼う人にとっては水を飲まない様子に心配する人もいるかと思います。

 

実は、猫は犬より水を飲む量や頻度が少なく、総じて水を飲むのに慣れていないのです。
それには理由が有ります。

 

元々、猫の祖先は乾燥した地方で生まれた動物で、自然界の食べ物に含まれる水分で十分活動出来るような生態を持っています。

 

もちろん、現在の猫の多くもそれらの生態を引き継いでおり、猫自身も水に触れるのが苦手だという理由もかねて水を積極的には飲まない子が多いです。

 

それに加え、つい最近までは、猫に与える餌は人間の残り物だったので、餌自体に十分に水分が含まれていて、わざわざ個別に水だけを摂る必要性もそれほど高なかったということも挙げられます。

 

しかし、現在は「水分を含んでいない乾いたキャットフード(ドライタイプ、通称:カリカリ)」を与えることも多く、水分不足になる可能性も考えられています。

 

ドライタイプのキャットフードが普及したことで水分不足になるのは、現代猫の悩みなのかもしれませんね。

 

どんな水なら飲んでくれるの?

キャットフード安全,ランキング
犬とは違って食べ物の好き嫌いも激しい猫ですが、同じように飲んでくれる水も猫ごとに異なる事が多いです。

 

一般的に言われるのは「溜まっている水は飲みたがらず、流水など流れている水を好む」ことがあげられます。

 

水は長時間同じ場所に溜まったままだと菌が繁殖しやすく、流れている水には菌が繁殖しづらいことから、それを猫は見た目で判断して、流水を好んで飲むと言われています。

 

例えば、「さっき水道から汲んだばかりの水」と「あまり綺麗でない川で流れている水」の場合でも、猫は見た目で判断するため「綺麗ではないけれど流れている水」を選びたがる傾向があります。

 

もちろん「匂のする汚い流水は飲まず、汲んだ水道水を選んで飲む猫」もいるのであくまで傾向なだけです。

 

人間にとっての清濁とは別基準で判断するので、上記が原因で普通に水を汲んでも飲んでくれない可能性があります。

 

逆に、お風呂の水道などを極細く飼い主が自らの手の中に流し、猫に流れる水だと認識させてやれば水道水でも飲んでくれる場合があります。

 

100円ショップなどのペットボトルに入れた水を、少しずつ流して猫の水飲み皿として供給するおもちゃや、通販などに売っている猫用給水機などがそれを模したものですね。

 

普通のお皿に水を入れても全く飲んでもらえない場合、そういった給水用品を使うのも一つの手です。

 

給水用品でも普通のお皿でもそうですが、皿の水は最低1日1回,できれば1日2回は新鮮な水に替えてあげましょう。

 

お手本を見せてあげましょう

キャットフード安全,ランキング
飼い始めた子猫にお手本を見せてくれる他の猫がいない場合、あまり水を飲まない動物である猫は、与えてくれた水を飲んで良いものかどうか判断に迷ったりすることもあります。

 

初めて子猫を飼う場合で、周りにお手本になる猫などいない場合、猫は同居人である人間を自分の親や同類だと思い込み人間の真似をする傾向があります。

 

人間が食べているものを欲しがる猫が多いように、水も人間が飲んだコップでなら飲んだりする子もいます。

 

それを利用して人間が水皿から飲んでいるように見せたり、指に付けて舐めるふりでもして手本を見せてあげるというのも一つの手ですね。

 

緊急時など、何の準備も無い場合

キャットフード安全,ランキング
道端で子猫を拾った時など、予期せぬ状況で猫を迎えることになった場合、猫が全く水を飲んでくれない場合があります。

 

そういった場合は、ペットショップやホームセンターなどで子猫用のミルクを買って飲ませるのが一番ですが、子猫用ミルクが手に入らない場合もあります。

 

そのような時は、ガムシロップや砂糖水、スポーツドリンクをお湯で人肌の温かさにして割ったもの(5:5)などで糖分を摂らせてあげましょう。

 

哺乳瓶やシリンジがない場合は、できるだけ細いストローを用意し、適当な長さに切ったもので代用できます。

 

また、仰向けで飲ませたり、一気に流し込んだりすると気管に入ってしまい危険です。
必ずうつ伏せで、少量ずつ飲ませるようにしましょう。

 

年をとった猫や体が弱って水を飲まない場合は?

キャットフード安全,ランキング
食が偏ってリン、タンパク質、ナトリウム過多が原因、あるいは老化などで腎臓の機能が弱くなった猫は水をたくさん飲むようになるそうです。

 

逆に言うと水をたくさん飲んでいる内は、自分で水分を摂って調整しているので過度に心配することはありません。

 

問題は水をたくさん飲んでいた猫が飲まなくなった場合、どうやって水を与えるかでしょう。

 

好みの味のドライフードに水を垂らしてふやかしたり、ウェットフードに水を混ぜて与えるなどの方法で水を多めに摂取させてください。

 

 

どの猫でも間違いなく飲んでくれる水のやり方という万能な方法はありません。

 

飼い猫がどんな形でなら水分をとってくれるか考えながら、試行錯誤するのが重要ですね。

 

 

お勧めできる安全なキャットフードのランキングはこちら

関連ページ

仔猫(子猫)の食事の与え方
子猫の最適な食事回数は?いつから離乳食を食べさせればいいのか?最適な食事とは?1日に何回食事を与えたらいいのか?食事の量の目安や、栄養バランスについて紹介します。
生まれたての子猫のお世話方法について
生まれたての子猫を拾ったり、もらい受けたときにまず最初にやらないといけないことは何か?生まれたての子猫に必要な食事や育て方をまとめてご紹介します。
仔猫(子猫)のトイレの方法
初めて飼う子猫のトイレのしつけって大変ですよね。子猫はかんたんなトレーニングで早くトイレを覚えてくれます。トイレトレーニング初心者でもできる!子猫のトイレの躾方法をご紹介します。
トイレの猫砂について
猫ちゃんにもトイレの好みがあります。硬い砂が好きな猫、香料が嫌いな猫、細かい粒が大好きな猫など、意外に奥深い猫砂知識についての紹介はこちら。