網戸・ベランダ猫の脱走計画防止対策6選!!

キャットフード安全,ランキング.安全.餌.キャットフード.おすすめ.口コミ
猫は野良猫じゃなくてもお外に興味津々
ふと目を離したすきに脱走してしまいます。

 

猫の脱走を防止しよう

キャットフード安全,ランキング.安全.餌.キャットフード.おすすめ.口コミ
外の鳥や虫に飛び掛かろうとした時、網戸が外れて猫が外に出て帰って来なくなったり。

 

去勢や避妊してない猫が相手を探して脱走を図った時などに、猫自身が網戸を開けてしまったり。

 

それがベランダや2階なら骨折や最悪の場合は悲しい結末になる事もあります。

 

ベランダには柵や塀的な部分はあっても猫が軽くジャンプしたら簡単に飛び越えてしまいます。

 

そうなる前にしっかりと網戸やベランダに脱走防止対策をしましょう。

 

防犯ストッパーで脱走防止対策(網戸)

キャットフード安全,ランキング.安全.餌.キャットフード.おすすめ.口コミ
1,防犯ストッパーを窓に取り付けるだけで完成です。

 

但しこの方法は猫に体当たりされて網戸が外れる可能性はあります。

 

しかし網戸を開けられるのを防ぐ事は出来ます。

 

用意するもの
窓用防犯ストッパー
費用 300〜
*布製養生テープで脱走防止対策(網戸)

 

1,網戸が開かないように、網戸と窓サッシを布製の養生テープでしっかりと止めて完成です。

 

この方法は防犯ストッパーで開かないようにする方法と違い、網戸外れ防止対策にも効果があります。

 

用意するもの
 布製養生テープ
 紙のマスキングテープは寒暖で剥がれやすくしっかり貼りついたとしても剥がす時に大変な事になります。
 布製の養生テープにしてください。
費用 400円〜

 

 

ワイヤーネットで脱走防止対策(網戸)

キャットフード安全,ランキング.安全.餌.キャットフード.おすすめ.口コミ
この方法はとっても簡単で、安上がり!
しかも網戸外れ防止対策にも有効です。

 

ですが残念ながら見た目があまり美しくはありません。
でも猫に脱走されたり網戸を破壊されるよりもマシという事で…。

 

1,ワイヤーネットを、窓サッシのサイズぴったりサイズに合わせて結束バンドでしっかりと止めます。
  猫は子猫でもジャンプ力は凄いのでワイヤーネットは窓の上までにしてください。

 

2,熱で温めて貼るタイプのフックを窓サッシに貼り付けます。

 

3,ワイヤーネットをフックに掛けて完成です。

 

用意するもの
 ワイヤーネット(色をシルバーにすると窓を見た時に目立ちにくくなります)
 結束バンド
 ライターで温めて貼るタイプのアルミ製フック(両面テープタイプは寒暖差で取れやすいです)
 プラスチック製は劣化しやすいのでアルミ製をお薦めします。
費用 1,500円位〜 
 ※窓のサイズによって変動があります。

 

鳥よけネットで脱走防止(網戸・ベランダ)

キャットフード安全,ランキング.安全.餌.キャットフード.おすすめ.口コミ
この方法は見た目もあまり気になりません。
しかも園芸用ネットなので、雨風に強く長期使用しても劣化が少ないです。

 

鳥よけネットセットで購入すると、取付説明書が付いて来ますのでその場合はそちらを参考にどうぞ!
念のため、切り売りで鳥よけネットを購入した方のために独自の取り付け方を紹介します。

 

宜しければ参考にどうぞ!

 

1,設置箇所のサイズを計ります。
  網戸の場合は、網戸の枠ではなく窓枠のサイズを計ります。
  ベランダの場合は天井部と床部分までのサイズを計ります。

 

猫は身体が柔らかいので、少しの隙間でも通り抜ける事が出来てしまいます。
その為、ベランダの柵の間から出てしまう可能性もあります。

 

 

念のため床部分までのサイズで測ってください。

 

ベランダが柵ではなく、塀的な形の場合は床までのサイズでなくても大丈夫です。

 

ですが、猫の安全を考えると塀的な部分に猫が登れないようにする事をお薦めします。

 

2,鳥よけネットを切ります。
  取付箇所のサイズに合わせて鳥よけネットを切ります。

 

3,フックを貼ります。
  網戸へ設置する場合は、窓サッシ側にフックを付けます。
  べランンダへ設置する場合は、天井部と柵下の床部分に貼り付けます。

 

4、結束バンドでしっかりと鳥よけネットをフックに固定します。

 

用意するもの
 鳥よけネット:透明タイプがお薦めです。
 結束バンド
 ライターで温めて貼るタイプのアルミ製フック
※普通の両面テープタイプフックは寒暖差でとれやすいです

 

費用 2,000〜
※取付場所のサイズによってかなり変動があります。

 

格子ラティスで脱走防止対策(網戸)

キャットフード安全,ランキング.安全.餌.キャットフード.おすすめ.口コミ
この方法はある程度DIY作業が得意な方向けです。

 

1,窓サッシのサイズを計ります。

 

2,格子ラティスを窓のサイズに合うようにノコギリで切断します。

 

強度を保つために出来るだけ枠部分が残るようにしてください。

 

もしも残すことが出来なのであれば、後から切断部分に枠を取り付けて下さい。

 

3,格子ラティスの枠同士をビス(又は結束バンド)でしっかりと固定します。

 

4,窓枠にしっかりとはめ込んで完成です。
更にしっかりと固定したいのであればL字金具に両面テープを張り窓枠に固定してください。

 

用意するもの
 格子ラティス(園芸用)ホームセンターで一般販売しています。
 ビス(又は結束バンド)
 費用7,000円〜  
※窓のサイズによって変動があります。

 

ラティスは元々園芸用なので、寒暖差に強く耐久性がありしっかりした作りに出来上がるので安定感があります。
選ぶ色やステッカーで海外風にオシャレにする事も可能です。

 

但し、どうしてもコストが高くつく事と少し大がかりになる事が難点です。

 

ちなみに、ラティスは百円ショップでも販売していますが、強度が足りず猫が体当たりするとすぐに壊れてしまいます。

 

市販の脱走防止対策フェンスを使う

キャットフード安全,ランキング.安全.餌.キャットフード.おすすめ.口コミ
コストが掛かっても作るのは面倒だ!!
という方は市販品を使うという手もあります。

 

お薦めの脱走防止対フェンスはツッパリ棒タイプです。
突っ張り棒なので傷もつきませんし、市販品なので簡単です。

 

賃貸でも取り付けられるのはうれしいですよね。
但し見た目が美しいとは言えないのが本当に残念です…。

 

費用は7,000円〜
※窓のサイズによって変動があります。

 

以上、網戸・ベランダ猫の脱走計画防止対策6選!!
いかがでしたか?

 

網戸は軽量に出来ているので、偶然にでも開ける事が出来ると猫はすぐにコツを覚えてしまいます。

 

コツを覚えた猫は、すぐに自由に網戸を開けられるようになってしまいます。

 

猫を飼おうと決めたらすぐに網戸やベランダからの脱走防止対策をしておく事をお薦めします。

 

 

お勧めできる安全なキャットフードのランキングはこちら

関連ページ

猫に長生きしてもらう為にしたいこと
世界で最も長生きした猫のギネス記録が何歳かご存知ですか? アメリカのテキサス州で飼われていた「クリームパフ」は、なんと38才と3日も生きたそうです。 さすがにそこまで長生きする猫は珍しいとは思いますが、愛猫にはできるだけ長生きしてもらいたいですよね。 ○日本の飼い猫の平均寿命 平成25年に行われた猫の寿命の調査では、完全室内飼いでは平均16才、室外(出入り自由含む)では平均13.2才だったそうです。野良猫の寿命はその1/2〜1/3と言われています。 この結果を見ると、室内で飼うだけでも3年程度は長生きできるということがわかります。 ○なぜ完全室内飼いで寿命が延びるのか それは、外に出るデメリットがとても多いからです。 ・病気にかかる ノミやダニが媒介する感染症以外にも、喧嘩による怪我や繁殖行動等により、猫白血病ウイルス等に感染してしまう可能性があります。 ・有害な食べ物を口にしてしまう 過去にも、毒入りの餌による中毒死がニュースになりました。また、除草剤や殺虫剤等が散布された草を食べてしまうことで中毒症状を起こし、最悪の場合、死に至ってしまうこともあります。 ・交通事故 特に交通量の多い地域では、車に轢かれてしまった猫を見かけることもあるかと思います。車だけではなく、自転車やバイク等にぶつかり怪我をしてしまうこともあります。 ・妊娠してしまう 避妊手術をしていない猫では、望まない妊娠をしてしまうことも。その結果、感染症等にかかってしまう危険性があります。 ・いじめられる 当然ですが、全ての人が猫を好きなわけではありません。猫の糞害に悩まされている人や子供から、追いかけられたりいじめられたりすることも、残念ながらないとは言えません。また、人間だけではなく他の動物(カラスや犬など)と争いになる可能性もあります。 それでも、外に出られないのは可哀想、と思う飼い主の方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、部屋を工夫することで、完全室内でも飼い猫にとって過ごしやすく快適な場所にすることができます。 ○猫にとって快適な部屋作り 猫は「家につく」とよく言われます。それは、猫は刺激が少ない生活を好むと言われているからです。 以下のことに気を付ければ、猫は外に出ることができなくてもストレスを感じることなく過ごすことができます。 ・高い場所を作る 猫は高いところが大好きです。横よりも縦の空間を意識し、家具の配置を工夫して段差を作ったり、キャットタワーを置いてあげたりしましょう。誰にも邪魔されずにお昼寝ができる高い場所を確保してあげることで、安心して過ごすことができるでしょう。また、上下運動をすることで、運動不足の解消にもなります。 ・隠れる場所を作る 猫は自分の体がすっぽり収まる場所も大好きです。それは本能的に、四方を囲まれていれば安全だと認識するためです。猫用に買ったふかふかのベッドに寝ずに、ぼろぼろの段ボールや押入れの奥を寝床にすることもよくあります。お気に入りの場所を見つけられるように、いろいろなところに安心できる場所を作ってあげましょう。 ・清潔なトイレを用意する 猫は非常に綺麗好きです。猫によっては、一回使用したトイレは使わない子もいるほど。トイレが汚れていたり気に入らなかったりすると、トイレ以外の場所で粗相をしてしまうので、1日1回はトイレ掃除をしましょう。固まる砂を使用する場合は、固まった部分だけ取り除くだけでも大丈夫です。また、トイレは猫の頭数+1個を目安に準備しましょう。 ・注意点 完全室内だからといって、危険が全くないわけではありません。特にいたずらが好きな仔猫のうちは、電気コードをかじったり、ビニール袋を食べてしまったりすることもあります。湯船にお湯を張ったまま蓋をしていないと、落ちて溺れてしまう危険性も。最悪の場合、命を落とすことにもなりかねないので、危険物や食べてしまいそうなものは必ずいたずらされない場所にしまいましょう。 避妊・去勢手術をしていない猫は、発情期になると脱走したり室内でマーキングをしたりします。手術可能月例に達したら、早めに手術を受けさせましょう。 完全室内飼いをすることで、猫白血病等の感染病にかかるリスクはほぼ無くなると言われています。そのリスクがないため、副反応の心配のあるワクチン接種も最低限に抑えることができます。 また、常に側にいることで健康管理も容易になり、異変があればすぐに気づいてあげることができます。 大切な愛猫と長く一緒に過ごすために、完全室内飼いを徹底させましょう。
猫にあげてはいけない食べ物
可愛くて仕方ないからついつい猫が欲しがる食べ物を与える飼い主さんは結構多いでしょう。 その気持ち…すごくわかります! だけど、猫がどれだけ欲しがっても与えてはいけない食べ物だって世の中にはあります。 もし、与えてはいけない食べ物を猫が食べてしまうと体に負担がかかり、最悪死に至ることだってあるのです。 猫の体に毒になる食べ物はコレ! 人間は美味しく食べられる食べ物でも猫にとって毒になる食べ物があります。 以下、猫の体に毒にある食べ物をまとめてみました!
猫グッズは必要?使った場合のメリットは?
巷には色々な猫用品が存在します。 キャットタワー、猫用ゲージ、、猫用キャリーケース、爪とぎ、猫じゃらし、猫用の隠れ家やベッドなどなど。 猫が生きていく上で必要なもの、猫のストレスを軽減するために必要なものをキャットフード安全ランキング管理人がまとめてみました。
猫草の必要性
猫草は、最近ではペットショップやホームセンターなどでも売られているほど、よく見かけますが、なぜ猫は肉食動物でありながらイネ科の植物を好むのでしょうか? 本来、肉食獣の猫にとって、植物は必要なものではないはずです。
猫のサカリ、発情期について
猫を飼っていると不妊手術をするか悩みますよね? 発情期は必ず来ますし、望まない妊娠をしてしまうと野ら猫の増加や、殺処分される確率も高くなります。 我が家では15年ほど生きた「茶トラ」のメス猫がいましたが、この子は生後4ケ月で 「サカリ」が来てしまい急きょ動物病院のお世話になった経験があります。 動物病院の先生も「時期的にまさか…」と半信半疑でしたが「不妊手術」を受ける事に… 退院当日に迎えに行くと先生が「いや〜排卵していましたよ〜」とのこと。 子猫だと思っていたのに早々に女になった…いや…妊娠・出産にむけて確実に身体が成熟しているのだなと実感した時でもありました。 理由はサカリがついた外猫と接触したもようで、妊娠には至りませんでしたが排卵が来てしまい結果…「サカリ」がきてしまった訳です。 生後4ケ月と言えばまだまだ子猫と思うかもしれません。 ですが気がつかないうちに望まない妊娠をしていたら本当に困ります。 大切な猫に「メスなんていれたくない」とか「自然に任せるべき」と「お金がかかりそう」と思う飼い主さんが多いのも事実。 この記事では「不妊手術」についてお金の疑問点や手術のメリット・デメリットなどをご紹介していきます。 最終的に判断するのは飼い主さんですので、ご参考になれば幸いです。
知ってた?猫に関する雑学
猫はまだまだ謎の多い動物です。 そこで猫の雑学をご紹介したいと思います。 猫の雑学を知ってもっともっと猫を好きになってくださいね!
シッポの動きでわかる猫の感情
シッポの動きでわかる猫の感情
猫にまたたびは危険?!上手な与え方とメリット
猫にまたたびは危険?!上手な与え方とメリット
出入り自由の外飼い猫を完全室内飼いに!!
出入り自由の外飼い猫を完全室内飼いに!!
猫に爪切りは必要?猫の爪を切るコツは?!
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫の鼻と嗅覚について
猫の鼻と嗅覚について
万が一の災害に!!事前に備えておきたい猫用品
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!