万が一の災害に!!事前に備えておきたい猫用品

 

近年増加傾向にある色々な災害。

 

もしも災害が起こったら当然人間が優先…善意のペット用品はなかなか手元に届きません。

 

何かが合ってからじゃ遅いんです。

 

もしもの為に人間の避難用具を揃えるのと同時に猫用品も揃えましょう。

 

 

猫の担当

 

まずは何か起こる前に猫の担当を相談しておく事が大切です。

 

みんなで避難して誰かが猫を連れて来てると思ってた!なんて事がないようにする必要があります。

 

多頭飼いの場合は当然ですが、飼い猫が1匹でも何かあった時に誰が猫をキャリーケースに入れ誰が
猫用品を持って出るかをしっかりと確認しておきましょう。

 

 

用意しておくべきもの

 

フードと水

 

猫のフードや水は最低でも1週間分は用意しておきましょう。

 

出来れば水だけでなくペット用ポカリスウェットなども用意しておきましょう。

 

飼い猫の薬

 

持病があって薬を必要としているのであれば薬を持っておく必要があります。

 

首輪やハーネス

 

出来れば普段から飼い猫に名前や住所の付いた首輪を付けておくと逃げてしまった場合に見つかりやすくなります。

 

災害時に飼い猫をキャリーケースに入れっぱなしではストレスが溜まるのでハーネスを付けて安全な場所を歩かせてあげましょう。

 

ちなみに災害時は家の中でも部屋に猫の居場所を作っておくと続けて何か起こった時でも猫を探しまわる事なく保護することが出来ます。

 

手袋と洗濯ネット

 

いつもおとなしい猫でも飼い主のただならない雰囲気や周りの音などで興奮状態になれば、保護しようとしても暴れたり引っ掻いて来る事も考えられます。

 

飼い主の手を守る必要があるので軍手を用意しておいてください。

 

洗濯ネットは興奮した猫を保護するのにとても有効です。

 

飼い主も猫も無駄に傷つける事なく保護する為に必ず洗濯ネットは用意しておきましょう。

 

キャリーケース

 

普段使いにしているキャリーケースでも良いです。

 

破片が落ちているような地面に置かなければいけない場合も考えられるので、災害時に備えるにはハードタイプのキャリーケースを用意する事をお薦めします。

 

災害時のストレスを軽減する為に出来るだけキャリーケースに慣れさせてください。

 

キャリーケースに入れられても安心できるように普段から飼い猫が使っているタオルなどを入れたままにする事をお薦めします。

 

毛布やタオル

 

毛布やタオルは寒さ対策だけでなくキャリーケースに上から被せる事で周りから閉鎖する事が出来ます。余計な情報のない狭い空間にいる事で猫は安心します。

 

飼い猫の為に少し多めに毛布やタオルを準備しましょう。

 

猫砂などのトイレ用品

 

自家用車があってケージを置いておけるのであればいつものトイレ用品を用意しておいても構いません。

 

ですがキャリーケースだけで非難する場合は、ペット用の紙おむつを多めに用意する又は猫用砂を少量用意しておく事をお薦めします。

 

出来れば紙おむつとトイレ砂の両方あるとベストです。

 

 

猫砂の場合、段ボールにビニール袋をかける事でトイレの入れ物を用意する必要はありません。

 

猫砂の場合は数週間続けて使えるシステムトイレ用猫砂を用意するとニオイも少なく処理も簡単に済むので便利。

 

おしりふきシート

 

ペット用のおしりふきシートでも良いのですが、赤ちゃん用のおしりふきシートを用意しておくと飼い主も一緒に使う事が出来てとっても便利です。

 

 

保管場所について

 

きちんとした備えをして家の奥の部屋に置いていたとしても、災害時は奥の部屋に行くことが困難になる場合も十分に考えられます。

 

自家用車があれば車の中やガレージ、物置に置くのがベストです。

 

ガレージや物置が無理なら玄関回りに置くスペースを確保するようにしましょう。

 

 

飼い猫だけを自宅に残す場合


災害時はどうしても人間優先になってしまいます。

 

飼い猫だけを自宅に残して非難しなければならない状況におかれる場合も十分あり得ます。

 

最悪の場合、その後に自宅への出入りを禁止される事も考えられます。

 

飼い猫だけを自宅に残す場合は、猫のご飯や水を最低でも1週間分おいて行ってください。

 

寒い時期であれば寒さ対策に沢山の毛布やタオルを置いて行くようにしてください。

 

 

その他の備えておきたい事


猫の写真を非常袋に入れておくと、飼い猫がパニックになって逃げてた場合に探しやすくなります。

 

色々な災害が増えている事を考えると飼い猫にマイクロチップを取り付ける事も考えるべきかもしれません。

災害時に備えて普段から飼い主の「おいで」と言う言葉で飼い猫が来るように練習をしておく事も大切です。

 

親戚や友人などに何かあった場合に頼めるように事前にペットの避難場所を確保しておく事。

 

普段からきちんと予防接種を受けさせておく事。

 

災害時にペットがケガをしたりストレスで病気になる事も考えられるので、念のためにペット保険をかけておく事も大切です。

 

以上、万が一の災害!!事前に備えておきたい猫用品でした。

 

いかがでしたか?

 

万が一を考えてまずは普段からの備えが大切だという事をご理解いただけたでしょうか?

 

災害時、飼い猫の心配をする気持ちは十分わかります。

 

ですが飼い主の命あってこそ飼い猫の命を守る事が出来るんです。

 

まずは飼い主の安全を確保した上で飼い猫の安全を確保しましょう。

 

お勧めできる安全なキャットフードのランキングはこちら

関連ページ

猫に長生きしてもらう為にしたいこと
世界で最も長生きした猫のギネス記録が何歳かご存知ですか? アメリカのテキサス州で飼われていた「クリームパフ」は、なんと38才と3日も生きたそうです。 さすがにそこまで長生きする猫は珍しいとは思いますが、愛猫にはできるだけ長生きしてもらいたいですよね。 ○日本の飼い猫の平均寿命 平成25年に行われた猫の寿命の調査では、完全室内飼いでは平均16才、室外(出入り自由含む)では平均13.2才だったそうです。野良猫の寿命はその1/2〜1/3と言われています。 この結果を見ると、室内で飼うだけでも3年程度は長生きできるということがわかります。 ○なぜ完全室内飼いで寿命が延びるのか それは、外に出るデメリットがとても多いからです。 ・病気にかかる ノミやダニが媒介する感染症以外にも、喧嘩による怪我や繁殖行動等により、猫白血病ウイルス等に感染してしまう可能性があります。 ・有害な食べ物を口にしてしまう 過去にも、毒入りの餌による中毒死がニュースになりました。また、除草剤や殺虫剤等が散布された草を食べてしまうことで中毒症状を起こし、最悪の場合、死に至ってしまうこともあります。 ・交通事故 特に交通量の多い地域では、車に轢かれてしまった猫を見かけることもあるかと思います。車だけではなく、自転車やバイク等にぶつかり怪我をしてしまうこともあります。 ・妊娠してしまう 避妊手術をしていない猫では、望まない妊娠をしてしまうことも。その結果、感染症等にかかってしまう危険性があります。 ・いじめられる 当然ですが、全ての人が猫を好きなわけではありません。猫の糞害に悩まされている人や子供から、追いかけられたりいじめられたりすることも、残念ながらないとは言えません。また、人間だけではなく他の動物(カラスや犬など)と争いになる可能性もあります。 それでも、外に出られないのは可哀想、と思う飼い主の方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、部屋を工夫することで、完全室内でも飼い猫にとって過ごしやすく快適な場所にすることができます。 ○猫にとって快適な部屋作り 猫は「家につく」とよく言われます。それは、猫は刺激が少ない生活を好むと言われているからです。 以下のことに気を付ければ、猫は外に出ることができなくてもストレスを感じることなく過ごすことができます。 ・高い場所を作る 猫は高いところが大好きです。横よりも縦の空間を意識し、家具の配置を工夫して段差を作ったり、キャットタワーを置いてあげたりしましょう。誰にも邪魔されずにお昼寝ができる高い場所を確保してあげることで、安心して過ごすことができるでしょう。また、上下運動をすることで、運動不足の解消にもなります。 ・隠れる場所を作る 猫は自分の体がすっぽり収まる場所も大好きです。それは本能的に、四方を囲まれていれば安全だと認識するためです。猫用に買ったふかふかのベッドに寝ずに、ぼろぼろの段ボールや押入れの奥を寝床にすることもよくあります。お気に入りの場所を見つけられるように、いろいろなところに安心できる場所を作ってあげましょう。 ・清潔なトイレを用意する 猫は非常に綺麗好きです。猫によっては、一回使用したトイレは使わない子もいるほど。トイレが汚れていたり気に入らなかったりすると、トイレ以外の場所で粗相をしてしまうので、1日1回はトイレ掃除をしましょう。固まる砂を使用する場合は、固まった部分だけ取り除くだけでも大丈夫です。また、トイレは猫の頭数+1個を目安に準備しましょう。 ・注意点 完全室内だからといって、危険が全くないわけではありません。特にいたずらが好きな仔猫のうちは、電気コードをかじったり、ビニール袋を食べてしまったりすることもあります。湯船にお湯を張ったまま蓋をしていないと、落ちて溺れてしまう危険性も。最悪の場合、命を落とすことにもなりかねないので、危険物や食べてしまいそうなものは必ずいたずらされない場所にしまいましょう。 避妊・去勢手術をしていない猫は、発情期になると脱走したり室内でマーキングをしたりします。手術可能月例に達したら、早めに手術を受けさせましょう。 完全室内飼いをすることで、猫白血病等の感染病にかかるリスクはほぼ無くなると言われています。そのリスクがないため、副反応の心配のあるワクチン接種も最低限に抑えることができます。 また、常に側にいることで健康管理も容易になり、異変があればすぐに気づいてあげることができます。 大切な愛猫と長く一緒に過ごすために、完全室内飼いを徹底させましょう。
猫にあげてはいけない食べ物
可愛くて仕方ないからついつい猫が欲しがる食べ物を与える飼い主さんは結構多いでしょう。 その気持ち…すごくわかります! だけど、猫がどれだけ欲しがっても与えてはいけない食べ物だって世の中にはあります。 もし、与えてはいけない食べ物を猫が食べてしまうと体に負担がかかり、最悪死に至ることだってあるのです。 猫の体に毒になる食べ物はコレ! 人間は美味しく食べられる食べ物でも猫にとって毒になる食べ物があります。 以下、猫の体に毒にある食べ物をまとめてみました!
猫グッズは必要?使った場合のメリットは?
巷には色々な猫用品が存在します。 キャットタワー、猫用ゲージ、、猫用キャリーケース、爪とぎ、猫じゃらし、猫用の隠れ家やベッドなどなど。 猫が生きていく上で必要なもの、猫のストレスを軽減するために必要なものをキャットフード安全ランキング管理人がまとめてみました。
猫草の必要性
猫草は、最近ではペットショップやホームセンターなどでも売られているほど、よく見かけますが、なぜ猫は肉食動物でありながらイネ科の植物を好むのでしょうか? 本来、肉食獣の猫にとって、植物は必要なものではないはずです。
猫のサカリ、発情期について
猫を飼っていると不妊手術をするか悩みますよね? 発情期は必ず来ますし、望まない妊娠をしてしまうと野ら猫の増加や、殺処分される確率も高くなります。 我が家では15年ほど生きた「茶トラ」のメス猫がいましたが、この子は生後4ケ月で 「サカリ」が来てしまい急きょ動物病院のお世話になった経験があります。 動物病院の先生も「時期的にまさか…」と半信半疑でしたが「不妊手術」を受ける事に… 退院当日に迎えに行くと先生が「いや〜排卵していましたよ〜」とのこと。 子猫だと思っていたのに早々に女になった…いや…妊娠・出産にむけて確実に身体が成熟しているのだなと実感した時でもありました。 理由はサカリがついた外猫と接触したもようで、妊娠には至りませんでしたが排卵が来てしまい結果…「サカリ」がきてしまった訳です。 生後4ケ月と言えばまだまだ子猫と思うかもしれません。 ですが気がつかないうちに望まない妊娠をしていたら本当に困ります。 大切な猫に「メスなんていれたくない」とか「自然に任せるべき」と「お金がかかりそう」と思う飼い主さんが多いのも事実。 この記事では「不妊手術」についてお金の疑問点や手術のメリット・デメリットなどをご紹介していきます。 最終的に判断するのは飼い主さんですので、ご参考になれば幸いです。
知ってた?猫に関する雑学
猫はまだまだ謎の多い動物です。 そこで猫の雑学をご紹介したいと思います。 猫の雑学を知ってもっともっと猫を好きになってくださいね!
シッポの動きでわかる猫の感情
シッポの動きでわかる猫の感情
猫にまたたびは危険?!上手な与え方とメリット
猫にまたたびは危険?!上手な与え方とメリット
出入り自由の外飼い猫を完全室内飼いに!!
出入り自由の外飼い猫を完全室内飼いに!!
網戸・ベランダ猫の脱走計画防止対策6選!!
網戸・ベランダ猫の脱走計画防止対策6選!!
猫に爪切りは必要?猫の爪を切るコツは?!
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫の鼻と嗅覚について
猫の鼻と嗅覚について