キャリーバックを嫌がらない猫にする方法


病院や緊急時に猫をキャリーバックに入れようとして引っ掻かれたり逃げられたり…。

 

時間のない時に限っていつもより激しく逃げ回られたら気力も体力も奪われます。

 

そこで結構大変なお出かけ前のドタバタをなくすしつけ方法をご紹介します。

 

キャリーバックを用意


まずはキャリーバックを用意しましょう。

 

病院や緊急時、猫が嫌がらずにキャリーバックに入るようにするには、猫を飼い始めからキャリーバックを用意しておく必要があります。

 

子猫を飼い始めたとしてもキャリーバックは成猫が使える位のサイズで1匹に付き1つ用意しましょう。

 

猫はキャリーバックが嫌い?!


本来猫は狭い所が大好きなので、初めてキャリーバックに入れた時は嫌がりません。

 

キャリーバックを気に入って寝てしまう場合もあります。

 

猫は自分の意思で外に出る以外の外出を嫌います。

 

ですがそのうち病院などに連れて行く事になります。

 

病院では検査や治療のためあちこち触られ最悪注射や手術入院までさせられ…。猫は嫌な思いと痛い思いしかしません。

 

その時の気持ちがトラウマになってキャリーバックが大嫌いになるんです。

 

まずは猫がキャリーバックを嫌いになる前に、大好きな場所だと記憶させる事が重要です。

 

猫をキャリーバックに慣れさせるには、猫が出入り自由に出来るような所にキャリーバックを置く事から始めてください。

 

キャリーバックの中に猫が好みそうな柔らかいバスタオルなどを敷きます。

 

そして猫が好きそうな小さなおもちゃを置き、猫を入れてください。

 

そのまま入口を開けっぱなしにして自由に入れるように置きます。

 

※キャリーバックは出しっぱなしで片づけない事が重要。

 

何度も出入りしてリラックスするようになれば、そのうち猫の匂いがつきキャリーケースは安全な場所と認識します。

 

今度はタオルなどをかけて慌てて出てこないか確かめます。

 

何でもないようであればそのまま持ち上げたり少し歩いたりします。

 

猫をキャリーバックに慣れさせるには、猫が入っている間に嫌な思いをさせないという事が重要です。

 

猫が慌てて出てきたら無理強いせずにまた今度の機会にしてください。

 

これを何日も繰り返す事でキャリーバックごと動かされても安全だと理解します。

 

動かしても落ち着いているようであれば、もう急なお出かけもおとなしくキャリーバックに入ってくれます。

 

すでにキャリーバックが嫌い


すでにキャリーバックが嫌いな状態になってしまっている場合もありますよね。

 

そうなると少し難しくなります。

 

ですがまず慣れるためのチャレンジだけはしてみましょう。

 

まずはキャリーバックに入ると嫌な思いをするだけだという猫のイメージを払拭する必要があります。

 

たとえば、おやつ(間食)や遊びで負のイメージを払拭する方法です。

 

おやつ(間食)


猫の大好きなおやつで誘導してキャリーバックの近くまで来させる。

 

キャリーバックの近くでも警戒せずに食べるようになったら、キャリーバックの中で食べさせる。

 

どちらの場合も少しでも嫌がったらその場は無理しない事が重要です。

 

とにかく少しづつ気長に繰り返す事が大切なんです。

 

遊び


猫との遊び…たとえば猫じゃらしなどを使ってキャリーバックに誘導していきます。

 

この時一気にキャリーバックに誘導すると警戒します。

 

本当に少しづつ近づけるよう誘導してください。

 

繰り返して行くうちに猫はいつでも無理に入れられるわけではないという事を学びます。

 

キャリーバックの近くでも遊べるようになって来たら、キャリーバックの中に自然に遊びながら入れるように誘導します。

 

猫が自分からキャリーバックに入るように仕掛けてください。

 

飼い主が入れてしまうと、無理に入れられて嫌だというイメージが強くなります。

 

少しづつしか慣れさせる事が出来ないので、じれったいとは思いますがここは忍耐です。

 

キャリーバックを見ると逃げる


すでにキャリーバックを大っ嫌いすぎて逃げてしまう場合もありますよね。

 

その場合は今から好きにするのはかなり難しいです。

 

まだ嫌いじゃない場合は部屋に置きっぱなしにする事で慣れます。

 

ですがすでにキャリーバックが嫌いな場合は無駄なストレスがかかります。

 

猫はストレスに弱い動物なので、色々な病気を起こす可能性があります。

 

猫が嫌がるものや怖がるものを部屋に置きっぱなしにするのは良くないです。

 

余りにも嫌がったり怖がったりする時はキャリーバックを見えない所に置きましょう。

 

そして特に予定のない時にたまに出しておやつをキャリーバックの近くで食べさせて少し置きっぱなしにして片づける。

 

これを繰り返して、逃げなくなって来たら置く時間を延ばします。

 

猫が特に強く嫌がる、怖がる様子が見られなくなったら、間食、遊びなどでキャリーバックに入れるように順に誘導するようにしましょう。

 

但し、飼い主が強制して入れる事は絶対にNGです。

 

キャリ―バックと洗濯ネット


すでにキャリーバックが大っ嫌いになってしまっている場合はどうするか…。

 

強硬手段しかありません。

 

大きめ洗濯ネットを使います。

 

猫を大きめの洗濯ネットにすっぽり入れると大抵の猫はおとなしくなります。この時チャックはしないでくださいね。

 

次に洗濯ネットのまま猫を抱っこしてキャリーバックの中へ。

 

※洗濯ネットを持ち上げるのは危険なので必ず猫を抱っこして入れてください。

 

その後キャリーバックの中に手だけを入れ洗濯ネットだけを抜きます。

 

この方法は野良猫を保護している団体でも使っている方法なので、猫に危険はありません。

 

しかも引っ掻かれる、噛みつかれるなど飼い主が傷付けられる心配もなくなります。

 

キャリーバックを嫌がらない猫にする方法でした。

 

いかがでしたか?

 

近年は自然災害も多く発生しています。

 

もしもの時に猫を保護出来るように事前に馴らしておく事はとても重要な事です。

 

キャリーバックは何かあった時に急遽用意するのではなく、猫を飼うと決めた時点で用意するようにしましょう。

 

 

【キャットフード安全ランキング】TOPページはこちら
キャットフード安全ランキングはこちら

関連ページ

猫に長生きしてもらう為にしたいこと
世界で最も長生きした猫のギネス記録が何歳かご存知ですか? アメリカのテキサス州で飼われていた「クリームパフ」は、なんと38才と3日も生きたそうです。 さすがにそこまで長生きする猫は珍しいとは思いますが、愛猫にはできるだけ長生きしてもらいたいですよね。 完全室内飼いをすることで、猫白血病等の感染病にかかるリスクはほぼ無くなると言われています。そのリスクがないため、副反応の心配のあるワクチン接種も最低限に抑えることができます。 また、常に側にいることで健康管理も容易になり、異変があればすぐに気づいてあげることができます。 大切な愛猫と長く一緒に過ごすために、完全室内飼いを徹底させましょう。
猫にあげてはいけない食べ物
可愛くて仕方ないからついつい猫が欲しがる食べ物を与える飼い主さんは結構多いでしょう。 その気持ち…すごくわかります! だけど、猫がどれだけ欲しがっても与えてはいけない食べ物だって世の中にはあります。 もし、与えてはいけない食べ物を猫が食べてしまうと体に負担がかかり、最悪死に至ることだってあるのです。 猫の体に毒になる食べ物はコレ! 人間は美味しく食べられる食べ物でも猫にとって毒になる食べ物があります。 以下、猫の体に毒にある食べ物をまとめてみました!
猫グッズは必要?使った場合のメリットは?
巷には色々な猫用品が存在します。 キャットタワー、猫用ゲージ、、猫用キャリーケース、爪とぎ、猫じゃらし、猫用の隠れ家やベッドなどなど。 猫が生きていく上で必要なもの、猫のストレスを軽減するために必要なものをキャットフード安全ランキング管理人がまとめてみました。
猫草の必要性
猫草は、最近ではペットショップやホームセンターなどでも売られているほど、よく見かけますが、なぜ猫は肉食動物でありながらイネ科の植物を好むのでしょうか? 本来、肉食獣の猫にとって、植物は必要なものではないはずです。
猫のサカリ、発情期について
猫を飼っていると不妊手術をするか悩みますよね? 発情期は必ず来ますし、望まない妊娠をしてしまうと野ら猫の増加や、殺処分される確率も高くなります。 我が家では15年ほど生きた「茶トラ」のメス猫がいましたが、この子は生後4ケ月で 「サカリ」が来てしまい急きょ動物病院のお世話になった経験があります。 動物病院の先生も「時期的にまさか…」と半信半疑でしたが「不妊手術」を受ける事に… 退院当日に迎えに行くと先生が「いや〜排卵していましたよ〜」とのこと。 子猫だと思っていたのに早々に女になった…いや…妊娠・出産にむけて確実に身体が成熟しているのだなと実感した時でもありました。 理由はサカリがついた外猫と接触したもようで、妊娠には至りませんでしたが排卵が来てしまい結果…「サカリ」がきてしまった訳です。 生後4ケ月と言えばまだまだ子猫と思うかもしれません。 ですが気がつかないうちに望まない妊娠をしていたら本当に困ります。 大切な猫に「メスなんていれたくない」とか「自然に任せるべき」と「お金がかかりそう」と思う飼い主さんが多いのも事実。 この記事では「不妊手術」についてお金の疑問点や手術のメリット・デメリットなどをご紹介していきます。 最終的に判断するのは飼い主さんですので、ご参考になれば幸いです。
知ってた?猫に関する雑学
猫はまだまだ謎の多い動物です。 そこで猫の雑学をご紹介したいと思います。 猫の雑学を知ってもっともっと猫を好きになってくださいね!
シッポの動きでわかる猫の感情
シッポの動きでわかる猫の感情
猫にまたたびは危険?!上手な与え方とメリット
猫にまたたびは危険?!上手な与え方とメリット
出入り自由の外飼い猫を完全室内飼いに!!
出入り自由の外飼い猫を完全室内飼いに!!
網戸・ベランダ猫の脱走計画防止対策6選!!
網戸・ベランダ猫の脱走計画防止対策6選!!
猫に爪切りは必要?猫の爪を切るコツは?!
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫の鼻と嗅覚について
猫の鼻と嗅覚について
万が一の災害に!!事前に備えておきたい猫用品
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
多頭飼い開始!!猫同士が仲良く生活するために!
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫が吐いた!様子を見て大丈夫?!危険?!
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫に嫌われる人の特徴!!猫に好かれるにはどうする?!
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫バンバンで猫の安全と車のエンジントラブル回避
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫のどこでも爪とぎを阻止!!
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
初めての猫の出産!!準備と注意点は?!
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!
猫が突然噛みつく理由と止めさせるコツ
愛猫家に評判の良い安心・安全なキャットフードをわかり易くランキングにしました。安全なキャットフードの選び方から購入方法を詳しく教えます。猫の年齢別、猫種別、病気別やコラムなど、キャットフードに関する情報が盛りだくさん!